散骨という埋葬法

喪服

故人の願いを叶えたい

亡くなった故人の遺言や生前の約束に遺骨の散骨を希望される方がおられます。故人の意志を尊重して実施しようと考えても、さて、相談しようにも自分の廻りに散骨を実施した方も見当たらない、散骨の知識も無いのが一般的だと思います。そもそも日本の法律で散骨は違法なのでしょうか、日本の法律では散骨を違法とはしておらず、近年の要望の中、法務当局の見解は「節度をもって実施する限り問題ない」と黙認のようです。しかし、違法でないと言えども、節度をもって実施しなければなりません。まず、火葬したままの遺骨はある程度の大きさがあるので、このままの形での散骨は問題がありますから、骨と分からないように粉末状にして、他人の所有する土地には散骨しない、など環境に配慮することが必要です。

散骨は海で撒くのが最適です

散骨を実施する場合、さてどこへ散骨すればよろしいでしょうか、森や湖や山なども考えられますが、そのような場所では飲水への心配やその土地の風評被害等の問題が有り、しばしばトラブルを起こしているようです。散骨に最適な場所は海だと言われています。公海はどなたの所有でもありませんので沖合で撒く場合には、関係者意外のどなたの目にも触れる可能性がなく最適です。さて、沖合に撒く場合には自分自身で下準備し、船を用意して実施する方法と現在では業者も有りますので、專門業者に依頼するのも手です。注意しなければならない点は、ご自身で撒く場合にフェリーなど他の第三者が同船している船上から撒かないことです。そんな船上で撒けば、どの様な疑いを持たれるかわからないからです。


このエントリーをはてなブックマークに追加